menu

〒226-0003
神奈川県横浜市緑区鴨居3-3-2 川端ビル1F
Eメール:y.miyazaki.official@gmail.com

市会本会議で質問を立ちました

平成30年第4回市会定例会(議会) 議案関連質疑での概要と質問項目
 (※議案関連質疑とは、その時の議会で扱われる議案の内容に沿って
   問題点や改善案などを市に対して示すものです)

概要:特に挙げられる内容として犯罪被害者等支援条例、精神障害者生活支援センター条例などの条例制定のほか、市の教育施策の全体プランともいえる教育振興基本計画や、教職員の負担軽減のための部活動指導員の積極的採用などがあります。また今回質問をして、これまでの市の回答から大きく変わったことは、導入に課題が多くなかなか進まなかったラウンド制(5ラウンド制)という英語教育を市内で共有する旨の回答があったことです。ラウンド制は同じ教科書を聞く・話す・読む・書くという違う角度から5回学習する手法です。そうした手法を行った中学校では8割以上の生徒が中学3年修了時に英検準2級以上を取得など、大きな成果が出ているものです。

市第59号議案(第3期横浜市教育振興基本計画の策定)関連
(1)本計画に示されている、横浜らしい施策や取組
(2)目標設定の考え方と、目標達成に向けての取組方
(3)「時間外勤務月80時間超の教職員の割合」を「0%」
   にするという目標の達成に向けた具体的な取組
(4)小・中学校における英語教育の成果と今後の取組

市第60号議案(横浜市犯罪被害者等支援条例の制定)関連
(1)犯罪被害者等支援における県警など関係機関等との役割分担
(2)関係機関等との連携協力の取組

市第67号議案(横浜市精神障害者生活支援センター条例の一部改正)関連
(1)精神障害者生活支援センターで自立生活援助を実施する目的
(2)質問者の考えについての見解
質問者の考え「自立生活援助事業を開始した後も自立生活
    アシスタント事業を継続する必要がある」
(3)質問者の考えについての見解
質問者の考え「障害者の家族に対する支援を充実させることが必要」

市第74号議案(横浜市生活環境の保全等に関する条例の一部改正)関連 
(1)市内中小企業の温暖化対策を支援する仕組みを追加するねらい
(2)低炭素電気の普及を促進する制度の周知方法

市第80号議案(横浜市京浜臨海部再編整備マスタープラン改定審議会条例の廃止)関連
(1)どのようなプロセスでマスタープランを策定してきたのか
(2)質問者の考えについての見解
質問者の考え「立地企業を含めマスタープランを推進するための実効性の
    ある体制を構築していくべき」

市第83号議案(治療費保障に係る書類作成請求調停事件についての調停)関連 
(1)部活動指導員に対する安全面の研修
(2)学校事故の調査体制
(3)学校事故の再発防止に向けた取組

市第90号議案(公園の指定管理者の指定)関連
(1)募集・選定にあたり重視していること
(2)より多くの事業者に応募してもらうための取組

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。